抜け毛に注意して発毛治療を考える

subpage01

人間の髪の毛は、一日当たり約60本から80本程度は自然に抜け落ちると言われています。

発毛情報はすぐに役立ちます。

しかし、毎日100本以上の抜け毛がある方は、男性型脱毛症(AGA)を疑った方がいいでしょう。


男性型脱毛症(AGA)の人は、抜け毛が多くなる傾向が強いです。
また、抜け毛を注意深くみてみましょう。

ある程度太くなっている抜け毛は問題ありませんが、細い抜け毛が多くみられる場合これは、男性型脱毛症(AGA)の可能性が更に高くなります。


本来、正常な発毛サイクルによって、成長の止まった髪の毛は太くなっていますが、男性型脱毛症(AGA)によって、髪の毛の成長が阻害された髪の毛は、十分に成長しないうちに抜け落ちてしまうため、細い状態となります。


抜け毛と髪の毛が細くなることによって、頭髪の密度はどんどん低下し、生え際や頭頂部の地肌が見えて薄毛に悩むことになります。


カツラや植毛などには、抵抗を感じる人が多いと思います。

できれば、自分の髪の毛が発毛するのが一番ですが、何も対策を行わなければ、発毛はしません。



現在は、発毛効果のある薬を頭皮に塗る自己治療もありますが、頭皮からは薬が浸透しにくいとも言われており、やはり、身体の内側から作用させることが薄毛治療には効果が高いです。



内服薬を手に入れる方法としては、皮膚科などの医療機関を受診して医師から処方してもらう方法と、自分で個人輸入して海外製品のものを購入する方法があります。どちらもメリットがあれば、デメリットもありますので、十分に検討するようにしましょう。