変化している伝統的なおせち料理

投稿日:

日本のお正月に絶対欠かせないものといえば、おせち料理です。

黒豆・田作り・数の子などなど様々な料理が詰まった重箱は色鮮やかで、お正月のおめでたい気分も盛り上げてくれます。年末の大掃除の合間に家族みんなで市場に買い出しに行き、大晦日に母親が作っていたという思い出を持つ人も多いでしょう。

しかし近年は家庭で作る人も徐々に減ってきており、伝統的なおせち料理にも変化が見られるようになりました。また準備だけではなく中身も年々変化しており、今までのイメージを持っていると驚くほどです。家庭で作る人が減り続けている理由の一つは、すでに作られたおせち料理を購入する人が多いからです。

デパートには秋になるとおせち料理を取り扱う特設会場が作られて、有名シェフや料亭の豪華な商品が販売されています。有名シェフや料亭の料理は、滅多に食べる機会はありません。日本の伝統的なものから中華やイタリアンなど中身も家庭では作られないものばかりで、高額な商品でもちょっとしたお正月の贅沢として購入する人は増えています。

またデパートだけではなくネット通販でもおせち料理は販売されており、秋から年末にかけての人気商品です。パソコンやスマートフォンから注文すれば年末に届くので、美味しいだけではなく作る手間も省けます。

そのため予約が始まるとあっという間に売り切れる商品も少なくないので、興味があるなら日頃から情報を集めて開始と同時に申し込みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です