おせち料理はお正月には必須のアイテムです

投稿日:

正月に欠かせないものの一つにおせち料理があります。

そもそもは五つの節句の祝儀料理のすべてを指していたのですが、歴史を経て正月料理のみを意味するようになりました。江戸時代の武家作法がメインとなって正月料理の原型が形作られたとされています。おせち料理の基本は、祝い肴三種と煮しめ、酢の物、焼き物です。

実際の料理の構成は各地域にによって大きなばらつきがあります。関東では黒豆と数の子、田作り三つ肴というのが通例ですが、これが関西に行くと、黒豆と数の子、たたきごぼうの3種になるのです。

なお、おせちの品目を個別に見ていきますと、火を通したり干したり酢に漬けたりしたものが多く、日持ちすることを前提に料理されているのがほとんどです。これには意味があって、お正月から火を使うことを避けるために、雑煮を作る以外は火を使っての煮炊きは控えるのが好ましいとされているからです。

正月の火は神聖なものであり、極力使用しないで済むようにとの配慮からの慣習に由来しています。一方で、お正月の女性の家事労働を少しでも軽減するとの趣旨で、正月から煮炊きをしないようにするとの説もあります。

減税は食品の保存技術が進化したこともあって、生ものがメニューに加わることは珍しくありません。あるいは、中華料理や欧風料理などが重箱に詰められて食卓に乗ることもあります。

また、本来は家庭で年末からおせち料理を準備していくのが本来ではありますが、昨今では、料理店や百貨店、ネット店舗などがおせち料理の販売を行っている事例も激増しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です