おせち料理の上手な詰め方

投稿日:

お正月には作っておきたいおせち料理。

古来からの伝統で縁起をかついだりと日本では必須の料理です。最近では、スーパーやインターネットでも立派な物が買える時代ですがやはり手作りだと温かみが感じられます。おせちは通常重箱に詰めておくのが一般的です。

幸せやおめでたいことが積み重なるようにと願いを込められたのが起源と言われています。重箱の段数は5段重ねが正式な形とされていて、入れる品も決められていて特徴的なのは5段目です。5段目は空にしておくのです。そこに新たな福や幸せが入ってくるようにとこちらも願いを込められたのが始まりです。

重箱の段数ごとに詰める品は、1段目には祝い肴として黒豆や数の子などを詰めます。二段目には酢の物を主に詰め込み紅白なますや酢蓮、伊達巻や紅白かまぼこに昆布巻き、栗きんとんもこの段に詰めます。3の段には海の幸の焼き物を中心にします。

ブリや海老など縁起の良い魚が選ばれます。4の段ですが、4の数字が人によっては当たりが良くないので、与の重と言い換えられることもあるようです。ここには山の幸中心に詰め、れんこんや里芋の煮物に人参やごぼうなど色とりどりに詰め飾り付けます。

5の段は前述通り、空にしておきます。おせちは縁起物を大事にする料理ですので、決まり事やしきたりも多い料理です。その分古来からの願いが込もった大切な伝統ですので、手作りをするときなどでは詰め方や品物の選び方にも気をつけて新年を迎えたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です