おせちに関する豆知識

投稿日:

おせちは主に日本の正月に振る舞われる料理です。

正確には「御節料理」といい、かつては正月だけでなく季節の節目となる祝祭日にも作られました。おせちの起源は中国から伝わった五節供の行事に由来するもので、奈良時代に日本の宮廷で広まり、現代のおせち料理の形になったのは江戸時代の頃と言われています。

重箱に詰める形式は第二次大戦後デパートで販売されるようになった頃に確立されました。料理の構成は地域によって多種多様ですが一般的には、祝い肴三種に煮しめ、酢の物、焼き物となっています。

関東では黒豆、数の子、ごまめが用いられますが、関西ではごまめの代わりにたたきごぼうを使う構成が主流です。全体を通して日持ちするものが多く、これは正月の間料理を作る女性が身体を休めることができるようにする工夫だと言われています。

また使用されている食材も1年の始まりである正月らしく、縁起をかついだものがふんだんに用いられています。たとえば黒豆は黒く日焼けするほどまめに働けるように、数の子は卵の多さから子孫繁栄の祈願、伊達巻は巻物の形に似ていることから教養が身につくようにといった具合です。

一般的な家庭では重箱に詰めるおせちの構成は作り手の気分に合わせて適当に盛り付けられていますが、正式には重詰めにもきちんとしたルールがあり、重箱のどの段に何を配置するかが決まっています。身内で食事する際はそこまで気にする必要はありませんが、大勢の人の前で振る舞う際は注意するとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です