発毛と育毛の違いについて

subpage1

発毛と育毛は同じ薄毛対策ですが、似て非なるものです。


字を読むと何となく両者の違いはイメージできることでしょう。

前者は既に髪の毛が抜けてしまった状態から毛母細胞を活性化させ、再び髪の毛が生えるように導くことをいいます。

一方、後者は今ある髪の毛をしっかりと育てようという考え方です。


つまり、発毛の方がハードルが高いということになります。
この両者の違いを把握しておくことで、今自分に必要な治療は何かが鮮明になります。
仮に抜け毛が深刻な状況ですと、まず髪の毛が生えてくる環境づくりから行わなければなりません。育毛対策だけではあまり効果が期待できないのです。

ちなみに、育毛よりもハードルが高い発毛対策を行うには、セルフケアだけでは難しいところがあります。なぜなら、発毛効果のある成分は医薬品に含まれているからです。

効率がいい発毛について悩んでいませんか。

例えば、プロペシアやザガーロ、ミノキシジルといった薬が挙げられます。

ところで、最近ではネット上でこうした薬に類似したものを購入することができます。



しかし、外国製で品質に問題があるとの指摘もあるようです。



したがって、医師による説明を受けながら、正規の薬を処方してもらうことがポイントになります。

このように、発毛対策が必要ならば医師や医薬品の力を借りることが薄毛治療の基本となります。

実際に髪の毛が生えるまでには時間がかかりますが、根気強く治療することで克服できます。


そして、頭皮の環境が整ってくれば、育毛対策が存分に効果を発揮し始めます。

最新考察

subpage2

毛髪が抜けてしまった毛穴から、もう一度毛髪を生やす行為を発毛といいます。正常な毛穴の場合は、毛髪が抜け落ちたとしても一定の期間が過ぎると新たに生えてきます。...

next

詳しく知りたいなら

subpage3

人間の髪の毛は、一日当たり約60本から80本程度は自然に抜け落ちると言われています。しかし、毎日100本以上の抜け毛がある方は、男性型脱毛症(AGA)を疑った方がいいでしょう。...

next

対策方法

subpage4

症状によって、発毛をするための対策は大きく異なります。一般的に、薄毛の症状に関しては先天的に生じるものと後天的に生じるものの二つがあります。...

next

身に付けよう

subpage5

発毛とは自分自身の髪の毛が生えてくる事を指しており、一般的な髪の毛のサイクルのひとつです。そのため最も自然な薄毛対策のひとつだと言われており、理想的な治療方法として知られています。...

next